おさぼり梅干しの作り方

今年も梅を漬けました。

今年つけた梅干し

どんなレシピよりもシンプル、作り方を書いておきます。

1.梅のへたを取る。(つまようじで取ると取りやすい。)
2.梅を洗う。
3.梅の水分をふき取る。
4.びんに詰める。
5.梅の重さの20%くらいの天然塩を入れる。

とりあえずはこれでOK、そしてもうひとつ気がついたときにひと作業。

6.梅汁が出てきたら、びんを回して梅全体に梅汁がいきわたるようにしてやる。

時々この作業をやってあげます。

青い梅よりも熟した梅を使うこと、塩は良いものを使うこと(アイアイは天日塩を使用)、そして何より長時間寝かすこと(半年とか1年とか)、これが美味しくするコツです。

ちなみに昨年つけた梅干しの今の状態です。

昨年つけた梅干し

土用干しもしないし、赤しそも入れないので梅干しというよりは、単なる梅の塩漬けですね。

以前梅酒を作ってあまった梅を梅干しにしようと思い、土用干しとか忙しくてできないまま、一度味見をして気に入らず、そのまま2年放置することに、、カッコよく言えば「静置法」というやつです。

ふと思い出して大丈夫そうだったので食べてみたら、めちゃめちゃ美味しくなっていたのです。しっかり熟成したということか。

塩分は18%が基本のようですが、塩でもんだ赤しそを入れないので少し多めに20%程度、こんなシンプルにできるんですから、ぜひぜひやってみて下さいね。

<今日のひとこと>

自分で作れば安全食品

コメント


認証コード1781

コメントは管理者の承認後に表示されます。