【81】種の保存

こんばんは。
アイアイ加藤です。

今日は名古屋39度ですね。

あまりに畑がカラカラのため、
草のすき込み作業がうまくいかず、
四苦八苦しているうちに昼過ぎになり
なんだか頭に熱がこもった感じです。

気をつけないといけません。

水分&塩分。

お茶、梅干し、ぬか漬け、お味噌汁、
こんなところを意識しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<1> 種の保存
<2> 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 自然農法の家庭菜園教室 基礎編
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

初心者の方が
最初に学んでおくとよいなと思うことを
26項目に渡りまとめてあります。

https://note.mu/aiainouen/m/me06a500464e0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1> 種の保存
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野菜を育てていると、
ふと気づくことがあります。

実をつけたものを収穫しないと
次の実をつけるのが遅くなります。

さらにそのままにしておくと、
育つのをやめようとします。

野菜たちが生きる目的は、
種の保存なのでしょう。

種の保存が確保できると確信すると
もう大きくならなくていいやと
サボり始めます。

サボっていても
季節的に時期が終わっていなければ、
収穫してやることでまた実をつけます。

 

種の保存のために野菜たちは
いろいろな工夫をしています。

ゴーヤは種の周りに赤い膜をつくり、
その膜を甘くしておきます。

そうすることで
鳥が食べに来てくれるわけです。

甘い味のする赤い膜の中には
種が入っていますから、
鳥は意識せずとも
それを運ぶことになります。

種は固いですから食べることはできず、
自然とどこかに落とします。

ゴーヤはこうやって
鳥に種を運んでもらうのです。

この赤い膜、
食べてみるとホントに甘く、
美味しいんですよ!!

 

大根、白菜、小松菜、菜の花など
アブラナ科の野菜も面白い。

時期が終わりに近づくと
茎を伸ばし始め、
花を咲かせた後、実をつけ、
種となります。

この茎は野菜自身の大きさよりも
ずいぶん長く伸び、
長く伸びた上で倒れます。

倒れることで少しでも遠くに
種が落ちるようにするわけです。

 

実をつけた後は乾燥しますが、
乾燥することで
種の房が割れるのも面白い仕組みです。

野菜たちは忠実に
種の保存のために生きています。

美しさすら感じます。

自分は動けるわけでもないのに、
他の動物を使ったり、
乾燥することや重力を利用して、
子孫繁栄を目指す仕組みが
できあがっています。

 

こういうことを追求していくと、
自然の偉大さを感じるとともに、
つい野菜の出来不出来に
一喜一憂してしまう自分が、
とても小さなものに思えてきます。

野菜とて人間とて、
自然循環の中で一端を
担っているだけに過ぎない。

人は余分なこともしてますかね。

畑では野菜たちばかりを見がちですが
本当は野菜が中心なのではなく、
太陽、土、空気、水、
それぞれが役割を果たした
結果の一部分が「野菜」なのです。

そんなことを考えながら畑に立つと、
野菜たちを見る目が変わってきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ご意見・ご質問等はこちらから
http://aiainouen.com/index.php?go=orqxOg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<2> 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この週末は江南サマーフェスタで
盆踊りに参加してきました。

あまり張り切ってやるほうでは
ありませんが、
行ってみると楽しいですね。

リズム感はあると思うのですが、
踊りは苦手です。

数年前から盆踊りに行くようになって
やっとダンシングヒーローを
体で覚えたようです。

サマーフェスタは
3日~5日で行なわれたのですが、
午後5時の気温が35度を超えたので
3日と5日のステージイベントは
中止になりました。

楽しみにしていた阿波踊り大会も
中止になってしまいました。

保育園から年長さんたちが参加予定で
お姉ちゃんも去年出たし、
年少の息子は見たかったようですが、
残念でした。

35度と言うのは目安なのかな。

小学校のプール開放も
ほぼ毎日中止の連絡が来ます。

学童や保育園で子どもたちは
ずっとクーラーのついた場所にいるので
それはそれで心配です。

とくに息子なんですが、
しっかり遊ばせないと夜に興奮して
寝つきが悪くなります。

自律神経が乱れているのか、
娘に少しアレルギーが出ています。

子供は遊ぶのがいちばんの仕事、
早くこの暑さ、
落ち着いてほしいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ボランティアについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ボランティアに参加したい方は
いつでもご連絡下さい。

月~土の午前中で
日程を合わせてご参加ください。

※連絡はこちらから
https://aiainouen.com/index.php?go=orqxOg

新規の方は、まず農業体験もしくは見学会に
ご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ アイアイ自然農園関連サイト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・アイアイ自然農園HP
https://aiainouen.com/

・アイアイ自然農園ブログ
https://blog.aiainouen.com/

・アイアイ自然農園ショップ
https://aiainouen.com/shop/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガの内容について、
許可無く転載することは禁止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
<発行元>   アイアイ自然農園
<発行責任者> 加藤久岳
<所在地>   愛知県江南市
<メール>   info@aiainouen.com
<お問合わせ> http://aiainouen.com/index.php?go=orqxOg
<登録・解除> http://aiainouen.com/index.php?go=r3ddnp
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
Copyright(C)2018 アイアイ自然農園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。