【44】やっぱり雑草

こんばんは。
アイアイ加藤です。

どうやったらこの野菜の美味しい味をキープして、
同じ畑での永続的な栽培ができるだろうか、
ということは常に考えていることです。

前にも書いたことですが、
しかもその方法はシンプルでなくてはいけない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<1> やっぱり雑草
<2> 出店情報
<3> ボランティアについて
<4> 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1> やっぱり雑草
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去アイアイのところには
自然農法を目指す方が何人も来られていますが、
冷静に継続している方の割合を考えると、決して多くはありません。

 

ポイントはいくつかありますが、
まずは自然な畑が手に入らない、ということです。

農薬や肥料、いろいろな資材を投入した畑しか借りられず、
いきなり自然農法に転換しても、うまく育たない。

残肥でうまく育って、「こりゃいける!」と思っても、
2年目からはさっぱり。

モチベーションがなえてしまうわけです。

 

もうひとつは畑仕事の辛さ。

なんてことない人もいるはいるようですが、
畑仕事は見た目とはぜんぜん比べ物にならないきつさがある。

1ウネ草刈りするだけで、皆さんそれを感じるわけです。

アイアイに来て数時間ボランティアをするだけで、
午後何もできないから休んでいる、という方もいらっしゃいました。

それだけきついことをして報われるのなら良いですが、
自然農法的によい畑が借りられなければ不作も多いですから、
これまたモチベーションがなえてしまうわけです。

そして作業がややこしくても、覚えることが多くても、
家庭菜園ということを考えると、シンプルなほうがいい。

 

継続している方を見ていると、
やはりそれなりに成果を出している方ですね。

先に書いたようにどんな畑を借りられるかという運もありますが、
そういう方は比較的マメに面倒を見ています。

少なくとも、草だらけにはしておらず、
草ぼうぼうになっても、どこかの段階で草刈りはしています。

そして自然農法野菜の美味しさ、楽しさ、幸せ感を感じていて、
それが食べられるなら、と頑張れるようです。

アイアイ加藤も仕事という部分はありますが、
根の部分は自然農法野菜に魅せられたんでしょうね。

もう他の野菜は食べられなくなっていますしね。

 

そういう中でいろいろ考えてみると、
やっぱり重要ポイントは「雑草」なんですね。

細かいことはいろいろあるんだけど、
大きな意味ではウネ上に雑草をかける。

ともかくかける。

暇ならかける。

モコモコになるまでかける。

水分が抜け、分解されたらまたかける。

雑草がないなら、雑草用の畑を作ってでもかける。

雑草をかけた上にかけて、その上にさらにかける。
そしてまたさらにかける。どんどん重ねてかける。

 

これが最近畑を見ていて思ったことなんですね。

アイアイの畑でもここまではなかなか難しいのですが、
理論的には間違ってないと思うんですよね。

出てきたものは、すべて返す。

他から雑草を持ってきたとしても、肥料や農薬の影響がないもの、
あくまでウネ上で分解させていく。

いろいろ書きだすと長くなるので
今日はこのくらいにしておきますが、
ここすごく大きなポイントだと、改めて感じているのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ご意見・ご質問等はこちらから
http://aiainouen.com/index.php?go=orqxOg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<2> 出店情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★★ 犬山線ふれんず in 江南 ★★★

▽ 出店日時

7月16日(月・祝)10時~16時

※マルシェは15日(日)も開催しています。
※サマーフェスティバルと同時開催です。

▽ 場所

江南市民文化会館

〒483-8177
愛知県江南市北野町川石25-1
0587-55-2321

お野菜を中心に出せたらと思っていますが、
収穫が間に合うか微妙な時期でどうなるでしょうか。

それまでに様子を見ながら考えたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<3> ボランティアについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ読者の方を対象にボランティアを募集しています。
ぜひアイアイの畑を手伝いながら、観察して行って下さい。

月曜~土曜の午前中は特別な予定がない限り畑に出ています。
GW中も予定がない日は畑に出るつもりです。

ご都合つく日があればぜひご連絡ください。
追って作業時間&場所(すべて江南市内)を連絡します。

info@aiainouen.com
090-8868-1567

ボランティアは作業中心となっています。

自然農法の詳しい話を聞きたい方は、
「農業体験」もしくは「畑の見学会」にご参加頂ければ、
自然農法の考え方やノウハウの基本をしっかりお話します。

詳細はHPよりご確認ください。
https://aiainouen.com/

よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<4> 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

菊芋を育てている方、
今の時期の葉が食べられるって、ご存じだったでしょうか。

菊芋はちょっとした破片が土壌に残っていても、
翌年に芽が出てくる、自然農法的にはある意味優れものですが、
他の野菜に切り替えにくいこわさもあります。

アイアイの菊芋畑は今回2年目ですが、
すでにいっぱい芽が出ており、
どんどん間引きしてしまいたい気持ちなんですが、
他のことで忙しく、なかなか手が回りません。

畑のこと、野菜のこと、
何気にネットでいろいろ調べていたら、
菊芋の葉が食べられるということがわかりました。

葉を乾燥させてお茶にできるということは知っていましたが、
食べられるということは知りませんでした。

クックパッドだったかな。

卵とじにしているレシピがあって、
これを見て普通にお浸しで食べられるんじゃないかな
と思いました。

それで早速やってみる。

生で食べるとずいぶんきつい味がありましたので、
火の入れ時間を気持ち長めにしてみました。

アク抜きの意味合いもあって、長めに火に通したらいいかなと。

味付けはシンプルにしょう油だけにして食べてみると、
なんだかずいぶん美味しかったのです。

妻も「好きな味だよ。」ということで、
これは使えるなという結論に至りました。

販売されているのは見たことないかな。

栽培されている方は、
間引きがてらぜひ一度食べてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ アイアイ自然農園関連サイト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・アイアイ自然農園HP
https://aiainouen.com/

・アイアイ自然農園ブログ
https://blog.aiainouen.com/

・アイアイ自然農園ショップ
https://aiainouen.com/shop/

・アイアイ自然農園Facebookページ
https://www.facebook.com/aiaishizennouen/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガの内容について、許可無く転載することは禁止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
<発行元>   アイアイ自然農園
<発行責任者> 加藤久岳
<所在地>   愛知県江南市
<メール>   info@aiainouen.com
<お問合わせ> http://aiainouen.com/index.php?go=orqxOg
<登録・解除> http://aiainouen.com/index.php?go=r3ddnp
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
Copyright(C)2018 アイアイ自然農園 All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。