これから畑をやりたい方が整理すること

野菜を作る目的って考えたことがあるでしょうか。「そんなこといちいち考えないよ。」と言う方のほうがほとんどかな。「畑があるから仕方なくやってるんだよ。」という方もいるでしょう。実はそれもじゅうぶんに目的です。ご先祖様からの土地を守っているということですね。

アイアイ加藤が畑に立つ目的は「美味しい野菜を食べたい」からです。ここまで美味しいものは一般では買えませんので、食べたいと思うなら自分で作るしかありません。もしどなたかが同じ質の野菜を作ってくれて、いつでもそれが手に入るのなら自分がやる必要はないとまで思っています。

アイアイ加藤は畑仕事そのものはあまり好きではありませんので、畑に立つ時間を少しでも減らしたい。ただ自然と触れ合うことや、観察することは嫌いではありませんから、何日も畑に行かないと気になって仕方ありません。だから同等の野菜が手に入る状況になっても、ほんの少しだけは続けるかも知れません。

7月ごろ夏野菜の様子

いろいろな方に畑の見学会など来て頂いていますが、畑をやりたいという目的はおおむね次のようなものです。

・美味しい野菜を作りたい

・安全な野菜を作りたい

・自給自足を目指したい

・農的ライフを楽しみたい

・いつも自然の中で過ごしたい

どこまで美味しい野菜を作りたいか、どこまで安全な野菜を作りたいか、というところはとくに重要です。

アイアイに興味を持つ方はとことんこだわりたい方が多いですが、話していると安定した収量への意識が強かったり、しっかり育てるために多少の農薬は仕方ないと思っていらっしゃる方もいます。

そういう部分を整理していくと、自然と自分がどんな農業をしたら良いのかがわかります。

その考えだと有機かなと思えば「アイアイではないですよ。」とはっきり言います。冷たいとかではなく、アイアイ加藤と話したことで考えが整理されて、次のステップへ進めるわけです。アイアイのやり方を知ったことは知識として無駄にはなりません。

どこまで自給自足を目指すか、というのも大事です。

アイアイが現在使っている畑は1反(300坪)ほどです。これで野菜については9割がた自給自足です。見学用、体験用、ちょっとだけ販売して、会員さんにはバンバン差し上げています。そこから考えると100坪ほどあればかなり好きなことができるのではないでしょうか。

手作業の100坪というのは、お世話だけでもそれなりの時間がかかりますから、畑に時間をどれだけ使えるかも考える必要があります。100坪ほどの畑をやっている近くの畑のお父さんは、だいたい毎日来て、1時間くらいやって帰って行かれる感じです。

そうやって順々に考えていくと自分が何をしたいのかがはっきりしてきて、どこを頼れば良いのか、どういった情報を仕入れれば良いのかがわかってきますので、後は動くだけということになります。

<今日のひとこと>

目的わかれば後はやるだけ

コメント


認証コード2950

コメントは管理者の承認後に表示されます。